松山城

戦国時代、加藤嘉明によって建造された山城。天守閣は、江戸時代に落雷によって一度焼失し、当時の藩主・松平氏によって再建されたものが現在まで保存されています。小天主他櫓が放火や戦災で焼失しましたが、総木造での再建が行なわれて保存されています。

残念ながら、雨天だった上に保存補修の真最中で、雨もや+工事用の足場越しにしか見ることが出来なませんでした。

戻る